読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKShow'17に行った

東京で生きた

2月18日は横山さん48歳おめでとうございますの恵比寿club aimでした。
昼の部の見どころ個人的ランキングをやります。
増田にやめろと言われてあえてやりたくなる天邪鬼のフレンズです。
昼の部と夜の部があり、昼の部は昨年の夏に上演された舞台音楽の爆音演奏会です。出演者は本日の主役キーボードとか横山さん、ギター白田さん、ドラム岡崎さん、MCその他に舞台役者さん。

f:id:tamamo0:20170221235843j:plain

1位 横山さんの仕事人の顔がかっこいい

マニピュレーターというもの、どうにも目立たないことが多いパートです。今日ばかりは横山さんをよくよく見ようと頑張ってみるとすっごーい!なにそれかっこいー!いいなー!の連続でした。
シンセのつまみいじりながらギターの動きをうかがう目線、仕事人でした。手元を見て、他のパートの動きを見て、マックの画面を見て、すごいなあ。ボタンひとつでステージ上の音全部を操る魔術師ですなあ。
演奏しながら白田さんと向かい合って踊ったり、おどけてみせるパフォーマンスでは全力でかわいい48歳もう本当にあざとい。MCでもモノマネを披露して「すごーい!似てるー!おもしろーい」の感じでした。
それでも、白田さんが一言挨拶をする場面で言葉に詰まって横山さんに助けを求める目をすると、すかさずジェスチャーで助け舟を出してて頼りになる〜先輩かっこいい〜の一面を見せてくる。
ご両親もご来場とのこと、タイムテーブルと30秒もズレない管理能力、かっこいい演奏もできる、トークも上手く仕切れる、客席を盛り上げるパフォーマンスも文句なし、お友達とも仲良く48歳和俊は立派にやってますの発表会として最高だったのでは……?
仕事人といえば、メール予約の返信定型文がちゃんとしたビジネス文っぽかったのに驚いたりもした。バンドのメールって「今年も見てね!待ってるよ!」みたいなシアターGロッソのCMノリだと思ってた。

2位 横山さんをひたすらほめる

「舞台のテーマソングで今までとはちょっと違う曲に挑戦してみて、手前味噌ですけど、いい曲にできたなって〜」などと自画自賛の横山さんをみんなでにこにこ眺めるゆるふわ幸せ空間でした。
「このライト使って何かできないかって考えて、舞台初日にやってみたら役者さんに褒められて毎回やるようになって〜」という動きは今回も「かっこよくて背中がぞわーってなる」と役者さんたちに褒めちぎられていてよかったです。
年に一度、普段当たり前みたいになってることを、もうひたすらべたべたに褒めてもいい機会があるって助かるよねえ。
あの会場で人間の語彙はすごーいかっこいいーおもしろーいおめでとーだけでよかった。

3位 ライティングのよさ

YK Showの感想というより、aimっていい会場だという話なんですが。
ステージの両側の壁がセメントむき出しみたいな感じなんですよね。そこに照明の加減でギターを弾く白田さんの影が映ると。セメントだかコンクリートにギターの影ってMVでよく見る!生では初めて見た!かっこいいぞこれ!と本人よりも影を見てしまった。
岡崎さんは黒い衣装が後ろの壁に溶け込んでいて、手とスティックと首元と顔だけが浮かび上がって見えて、これも見たことあるような演出だな?ほら、あれだよ、あれで見るじゃんってよく考えたらクリムトの絵。いや、アニメの演出であった気がするんだけど……。

ポスター クリムト キス PP-30540

あと岡崎さんは途中でスティックを使い分けていて、使い終わったスティックをきちんと並べて置いていたのが、道具を大事にする職人って感じでかっこよかった。

 

本当に最初から最後まで全曲ずっとかっこよくて満足感でいっぱいです。会場で生演奏で音楽を聴くっていう本来のメリットを最大限に堪能する1時間半でした。MCでライブ感もありつつ。またこういうライブやってほしいです。
物販の新商品の絵葉書とCDがすごく良かったです。
かっこいい演奏に酔わせてもらって、そのうえこんなお土産(有料)までついてきて、こんないいライブで大丈夫ですか。誕生日に客をもてなす側でいいんですか。
ご活躍をお祈りしております。

広告を非表示にする